ゆめみ野駅 

関東鉄道常総線各駅停車の今回は、2011年3月12日開業の「ゆめみ野」駅です。我が常総線では現在最も新しい駅です。この駅は、常総ニュータウン取手ゆめみ野地区(下高井土地区画整理事業:2013年5月現在造成工事中)の整備に伴い設置された駅です。
本駅は、開業前日の2011年3月11日に東日本大震災が発生したため、開業イベントはすべて中止になり、一番列車の運行も取手 - 水海道間が運行再開した夕方になりました。
全体像がわかるように、開業イベントに関するUR都市機構のプレス発表文書にリンクしておきます。幻の文書となりましたが。

 
写真1 ゆめみ野駅(2013年5月3日撮影) 写真2 壁画-茨城の大きい川(2013年5月3日撮影)

写真1は正面から見た「ゆめみ野駅」です。駅は一段低くなっているため、ホームがちょうど屋根の高さにあります。向かって右側に壁画があります。「茨城の大きい川」と題されたもので、「取手市制施行40周年記念事業」で企画されたという説明が脇にあります。作者は「佐藤 香(SATO KAORI)」さん、日付けは「平成23年3月12日」となっています。この日が駅の開業日でした。

この駅については、工事中から時々撮影に行っていましたので、今回はそれを時期の順に掲載します。まず、造成が開始されてしばらくたった頃の写真です。

 
写真3 造成工事の様子(2010年4月11日撮影)

写真4は、複線の線路を片側振り分け、その中央に島式のホームの工事を開始したところです。取手行きの列車の先頭車両からの撮影です。また、写真5は、稲戸井方面に行く列車の先頭車両からの撮影です。ホームの屋根もできあがっています。

 
写真4 新駅工事中-新取手方面を望む(2010年8月25日撮影) 写真5 新駅工事中-稲戸井方面を望む(2010年12月18日撮影)

写真6は形が整ってきた駅全体です。手前に造成中の宅地が見えます。写真7は、ホームの駅名板などですが、まだ開業前なのでシートにくるまれています。

 
写真6 新駅工事中-駅舎(2011年1月14日撮影) 写真7 新駅工事中-ホーム(2011年1月14日撮影)

写真8は、すっかり完成して開業を待つばかりのホームです。そして、先にも書いたとおり大震災がありました。それでも、開業日から一週間ほどたって見に行くと、写真9のように開業祝いの花束などがありました。

 
写真8 新駅開業直前(2011年2月24日撮影) 写真9 新駅開業(1)(2011年3月18日撮影)

写真10も同日の風景です。自転車の駐輪もなく、まだまだひっそりとしています。写真11は、駅前に設置されたモニュメントです。「花・鳥・風・雲」と題され、制作者は東京藝術大学名誉教授望月積、事業の起工にあわせて1996年に制作され、開業にあわせて設置されたということです。

 
写真10 新駅開業(2)(2011年3月18日撮影) 写真11 新駅前モニュメント(2011年3月18日撮影)

写真12は、駅のホームです。新取手方面を見ているところです。写真4とあわせて見てください。同じく写真13は取手からの列車がホームに進入してくるところです。

 
写真12 ホーム(1)(2012年4月8日撮影) 写真13 ホーム(2)(2012年4月8日撮影)

関東鉄道常総線は国道294号線と並行していますが、この辺りが最も近い箇所ではないかと思います(写真14)。まだまだ若い街なので、駅前には余り建物がありません(写真15)。

 
写真14 国道294号線と駅(2013年2月1日撮影) 写真15 ゆめみ野駅前(2013年5月3日撮影)

この駅の近くには、こちらで訪問した「高井城址」があります。

常総線各駅停車のページへ

水野哲の常総散策 ホームページへ